世界最高クラスの安心感

最新の脅威を未然に”確実に”防御するCCC(Cloud Cofferon Cloud)は、世界の名だたる金融機関で使われてきたCloudCofferのAIエンジンをそのまま使用。最高峰の検知能力と充実のサービスを一般ユーザー様にも体験して頂けるようになりました。
▼▼▼CloudCofferがサブスクサービスとしてご利用頂けるようになりました▼▼▼

海外他社の約1.5倍の攻撃を検知・防御

海外他社クラウドWAFが検知できるゼロデイ攻撃は約22%。無作為に抽出した275件の様々な攻撃に対する検知率は全体で約67%。それに対してCCC(Cloud Cofferon Cloud)の検知率は100%という結果が出ています。

Cloud Cofferとオンプレミス型WAFとの検知能力比較

テスト期間1か月でCloud Cofferが検知した攻撃数を100%として、オンプレミス型WAFとの検知率と比較。

海外C社との検知率比較

進化し続けるA.I.

CCC(Cloud Cofferon Cloud)では、Cloud CofferのA.I.エンジンをそのまま使用しています。高度ホワイトハッカー集団RayAegisとの技術協力や世界に仕掛ける約16万のハニーポットによって日々急速に進化し続けるCloud CofferのA.I.エンジンは、未知の脅威も100%検知・防御。一流金融機関でも利用されるほどの最高レベルの安心感を提供します。

マルウェアを検知

オプションのSandbox機能によって、未知のマルウェアの動作を確認して危険度を検知。確実に防御します。

CCC 一般のクラウドWAF オンプレミスWAF
導入コスト 初期費用:98,000円/148,000円
簡易脆弱性診断を含む
初期費用:CCC同程度
簡易脆弱性診断は含まない
機器、ソフトウェアの購入、設計、設置作業など高額。
導入手間 DNS設定変更、SSLアップロード
(1週間以内)
パラメータ設定、サイト毎の設定、シグネチャ更新など手間がかかる。
解約 月単位で解約可 簡単に入れ替えられない
運用コスト 月額料金のみ 月額料金+保守費用
保護対象
Webサーバの数
・100Mbpsモデル=FQDN3個
・200Mbpsモデル=FQDN5個
上記以上は料金追加で登録可能
FQDN1個上記以上は料金追加で登録可能 一般的には複数登録可能
DDoS対策 含む
(モデルにより2種類あり)
オプション 別途購入
シグネチャ更新・パッチ適用 不要 常に必要
個別カスタマイズ ユーザ独自のホワイトリスト、ブラックリストの登録可
ベンダーによる
(一般的には不可)
きめ細やかなカスタマイズが可能。
ユーザのセキュリティ技術レベル 不問
不問
必要

なぜCloud Cofferなら守れるのか

  • カーネギーメロン大学のCyLab、台湾大学の高性能コンピューティング研究所との連携により誕生した由緒正しいAIエンジン。
  • エクスプロイトデータベース、NVD(National Vulnerability Database-脆弱性情報データベース)、WebCrawler(ウェブクローラー)、世界中に設置された16万 か所のハニーポットからエクスプロイト収集を使ってAIエンジンを鍛え上げた。
  • Cloud CofferのエキスパートシステムはAIエンジンにトラフィックの持つ特徴を、記述、分類、数式化などによって意味のある表現にした上で、ビッグデータ解 析により、学習を始め、独自のモデルを構築。
  • セキュリティ診断やペネトレーションで実績豊富なRayAegis社のホワイトハッカーによる攻撃によって検知・遮断機能を洗練。
  • RayAegis社開発のAIエンジン搭載の侵入システムとの切磋琢磨。

CCC(CloudCoffer on Cloud)のご紹介

パブリック・クラウド上に設置された貴社用のCloudCofferを、サブスクサービスとして、簡単な手順で、短期間のリードタイムでご利用できるようになりました。しかも安価なエントリポイントから開始可能です。

Copyright © ARIS, Inc. All Rights Reserved.